Amplifier > GA-S125P Stereo 125w x 2
GA-S125P Stereo Power Amplifier
   125w/2ch @ 4ohms      100K(RCA) & 200K(XLR)      Powered by ICEpower      Dimmer LED 
Price & Shipping

  • Prices: $499/pc (799)
  • Available colors: Full-Black, Full-Silver, and Silver-Face(black body)
  • Handing time: 5 business days
  • Free shipping: Fedex/UPS/DHL/TNT/EMS... about 3-7 business days
  • One month free home trial, two years warranty

Say something first
  • Nice shape, Small size, Big power, I guess ICEpower a/s would agree too:)
  • Over one year deveopment, totally all new from inside and outside, just "Do something for Hifi fans..."
  • All amps powered by ICEpower technology

Main Features
  • Well designed for Stereo Power Amplifier, based on the latest ICEpower Class-D technology
  • Stereo 125w x 2ch(4Ω), or 65w x 2ch(8Ω), both Balanced XLR and RCA input connections
  • Latest design of buffer stage, high-bandwith & high impedance, suitable for most of pre-amps
  • More balance, more detail, no noise, neutral sonic coloration
  • Led Color: RCA(Blue) and XLR(Green) switched by toggle switch
  • Led Dimmer: Led brightness could be adjusted manually "Brighter | Normal brightness | Power-off"
  • Hi-End Neutrik & CMC components, silver-plated Teflon signal wire inside
  • 100% Aluminum case, perfect Brushed carftwork & Laser Inscription, excellent cooling performance
  • Well assembled & carefully tuned, Ready-to-Play
  • Power Supply: 115VAC or 230VAC 50/60 Hz (Pre-Setting in factory, according to voltage choice)

Key Specifications
  • Latest input buffer-stage, specific Stereo design, powered by ICEpower technology
  • Input connections: Single-ended RCA or balanced XLR
  • RCA input impedance: 100Kohms
  • Balanced input impedance: 200Kohms
  • Output connections: 2-sets of safety sockets (banana plug compatible)
  • Maximum Power Output: 125W 4 ohms, 65W 8 ohms per channel
  • Power Output 1% THD: 120W 4 ohms, 60W 8 ohms per channel
  • Minimum Load: 3 ohms per channel
  • Peak Output Current: 30 amperes
  • Frequency Response: +/- 0.15dB 20Hz-20KHz, All loads
  • THD+N: 0.003% 1W, 100Hz, 4 ohms
  • IMD (CCIF): 0.0009%, 10W, f =18.5kHz, 1kHz, PO =10W
  • Output Noise: 30uVRMS A-weighted 10Hz-20KHz
  • Voltage gain:: 24.8dB
  • Damping factor: >1000
  • Dynamic Range: 117dB
  • Sensitivity: 1.17Volts
  • Power On usage: 9.5W
  • Power Off usage: 0.0W
  • Internally Set Operating Voltages: 100-120VAC or 230-240VAC 50/60 Hz
  • Protection: Short circuit, Thermal & Over-current protection
  • Size: 200 x 80 x 210mm (W x H x D)
  • Weight: 4.4lbs, 2.0Kg
  • Warranty: Two years for original owner
  • Designed and Manufactured in Shanghai, China
Recommendation: some suitable Top-selling Audio Cables for your project:

A01 Canare RCA

A03 Canare XLR

B01 3.5 to RCAs

A05 RCA to XLR

U01 USB DAC

S01 Speaker

Some Feedbacks about GA-S125P Power Amplifier

Hi Ghent,
Well, about a month has passed and while the morning of day two became a question mark, I resolved it. While it came on time and intact I didn't seriously start listening till the following morning. By noon I was questioning it.
Since '05 I've had a Parasound A23. Presently the basic system starts with a custom built, totally quiet, PC (Antec) w/Asus mother board/2 SSDs/ 4 GB of RAM and a 1010 PCIe E-MU audio card > 75 ohm Mogami Gold cable > PS Audio Digital Link III > XLR to RCA Mogami Gold > iFi Audio iTube > RCA to XLR Mogami Gold > Goldpoint attenuator > XLR Mogami Gold > Parasound A23 > River Synergy 6 Cable > ZU Omen bookshelf(s) on 38" tall stands. These are about midpoint between back edge of desk and wall (treated) total distance 36"- near field.
I have to say that by the morning, after listening to it that first evening and not forming an opinion, I was unhappy. Simply put it was not as musical as the A23. It was oddly wrong as much as it was right. All together weird, when I remembered a caveat I read on a forum. With Class D you have to plug the amp into a Line Conditioner. While that proved all wrong when it came to the Parasound A23, it was as they said, mandatory for class D. I plugged it into the Monster Line Conditioner.
With it plugged in to the L.C. and my DYI power cable into the Ghent- it was all but beautiful. Basically I was very impressed. Except oddly, the bass, that simply wasn't really there. Now with the ZUs as they are not ported deep bass doesn't happen. Given the wall I share with a neighbor I'm fine with that. In fact as long as I get the basics in what I would call the upper bass 80 -100 Hz, I'm happy. But that wasn't happening and I was starting to resign myself to sort of anemic bass. By that I mean it wasn't a deal breaker as I liked everything else about the amp.
Lo and behold two days later the bass showed up. Whoa, this wasn't just decent bass, this was better than the Parasound. I believe the old phrase is- I was blown away. Oh and another thing, this was not playing it at loud levels either, but rather modest levels. These days, age and sanity preclude the need from getting wild with the attenuator- save for the usual sound check.
What took the bass so long to show up compared with everything else is odd, but then again, who cares? The Parasound sits in closet where it doesn't idle pulling 125W and your Ghent cheerfully goes all day long sipping it's power needs.
Today, I plugged the DAC direct into the Goldpoint, for about ten minutes. As decent as the Ghent sounds straight, I love it with the iFi ITube. As recommended by a very good Polish reviewer who has the site "High Fidelity" I have it set so that I use the tube buffer, plus the wider sound stage. I could live without the wider stage, but not the buffer. I'm very treble sensitive. Much more than most, plus, I insist on just listening to MP3 quality. For the last few years it's been my guilty pleasure. Would I like it higher quality? Of course, but not when I can just have really good radio or Spotify and be content. Nope, I often have it on at modest levels for about 14 hrs daily.
Now if I still listened to my 400+ ripped (FLAC) CDs all the time, I could live with the treble as is, but with MP3s, the class A iFi iTube buffer is a must. You amp is perfect for my needs. I couldn't be happier with the whole process. You made it painless to acquire it and it sounds wonderful. I'd do business again, as it was such a pleasure, with you any day. My compliments to you, Ghent. Well done.
------ Peter from USA



Original listing: 本邦初レビュー、Ghentaudio GA-S125P
30数年前にオーディオに興味をもって以来、色んな機器を使ってきた。 アンプについては、新品購入機に限っても、トランジスター式では Victor、Yamaha、Marantz、Luxman のプリメインアンプ、Luxman のパワーアンプを、真空管式では Triode の KT88 プッシュプルおよび 300B シングルのパワーアンプ、エレシステムの特注プリアンプ、iFI のバッファーアンプなど。 聴きたい音を追及して数多く使ってきたが、現在はLuxman のプリメインアンプとエレシステムの特注プリアンプを残すのみとなった。 私がまだ使ったことがないタイプのアンプがある。 D級アンプだ。 Lepai (現在の Lepy)、SMSL、Topping など中国のメーカーの小型アンプは、日本円で数千円~2万円と安価で音質も評価が高く、世界的なヒット商品となっている。 国内外のメーカー製品には、中級機やハイエンド機もある。 私も一つ使ってみたくなり、候補を探した。 条件は、 1. パワーアンプであること ・ ・ ・ Luxman のプリメインアンプがプリ部とパワー部が分離できることと、エレシステムの特注プリアンプがあるので、パワーアンプのみで良い。 2. 出力は、8Ω負荷で定格 50W + 50W ~ 100W + 100W であること ・ ・ ・ 私のリスニング条件では、パワーアンプのメーターがしばしば2W、時に5Wを示すことがあるため、瞬間的な大入力を歪み少なく再生する為には、その10倍の余裕が欲しい。それ以上の出力は、実用音量範囲での歪みや S/N 比の点で不利になるので無駄。 初めてのD級アンプなので、いきなり高級機とはいかないが、きちんと作られた製品でその実力を試したかった。
そうして選んだのが、中国・上海に拠点を置く Ghentaudio のパワーアンプ。
Ghentaudio 製品について、まだ日本国内ではオーディオ誌やインターネット上でのレビューは無いようで、ということは、この記事が本邦初レビューということになる。
Ghentaudio (http://www.ghentaudio.com/) は、Ghent Xu 現 CEO が 2008 年に設立し、デンマークの Bang & Olufsen 社が Karsten Nielsen と共同開発した ICEpower 技術を搭載したパワーアンプやオーディオケーブルを製造・販売している。
購入方法は、上記ホームページで希望機種のページを開き “Add to Cart” をクリックして PayPal で支払うか、ホームページの “eBay Store” のリンクへ移ってから購入するかのいずれか。
パワーアンプは4機種あり、GA-S125P にした。
購入時に、電源仕様は 115VAC (100-120VAC 対応) か 230VAC (230-240VAC 対応) か、色は黒かシルバーかを選択する。
日本の 100VAC 電源ならば 115VAC を選択。
電源仕様と色の選択を受けてから完成させる為、購入時から発送までに5日ほどかかる。
発送の翌日には福岡空港の税関に到着し、そのまた翌日に手元に届いた。
GA-S125P は、定格 (1% THD) で 60W +60W (8Ω)、120W +120W (4Ω) と、パワーリニアリティを実現。
入力端子は RCA (インピーダンス 100kΩ) と XLR (200kΩ) それぞれ1系統で、背面のスイッチで切り替える。
入力感度 1.17V。
ダンピングファクター 1000 以上。
消費電力はわずか 9W と、さすがはD級の高効率。
接続するプリアンプを真空管式にすると、真空管独特の音色が加わって音質評価が難しくなるので、Luxman のプリメインアンプのプリアウトから本機へ接続した。
CDをヴォーカル (Enya 『Watermark』、さだまさし 『うつろひ』)、シンセサイザー (喜多郎 『氣』、Vangelis 『Portraits』』)、クラシック (ベルリオーズ 『幻想交響曲』) の5枚と、LP1枚 (喜多郎 『天界』) を聴いた。
音域別に評価する。
高音域は澄んで美しい。
Enya の天上のコーラスのような歌声や、さだまさしの繊細なヴァイオリン・ヴォイスの魅力が堪能できる。
ストリングスの高音演奏部はきつくならず、ボウイングの激しい箇所も表現が雑にならず細かい音が聴き取れる。
中音域は、とにかく素直な表現だ。
かつて所有しいていた 300B シングルパワーアンプのように密度感が前面に出るのではなく、ソースの中音域をそのまま出してくる。
D級アンプの音をピュア・ウォーターのようだと評されることがあるが、本機の中音域はまさに当てはまる。
低音域は、これまでトランジスター式アンプで聴いてきた時と比べて、当初は切れ込み・瞬発性が素晴らしくローエンドまで伸びているが重厚感は控えめと感じたが、聴いているうちに重厚感が足りないのではなく、低音域がもたつかずに再生されているからだと気づいた。
このことは、オーディオに興味をもった頃からずっと30年以上も聴いてきたCD 喜多郎 『氣』 やLP 喜多郎 『天界』 を聴いてはっきりした。
中音域はピュア・ウォーターのようだと水に喩えて述べたが、低音域の再生能力を川の流れに喩えてみる。
2本の川が、同じ速さで水が流れているとする。
トランジスター式アンプでは、川底に大きな石があって水流がぶつかり川面に凹凸の乱れが出来るが、本機では川底が真っ平で抵抗なく流れ、川面が鏡面のようになっている。
本機のダンピングファクター (1000 以上) の為せるところなのかもしれない。
私は大きめの音量で聴くが、幻想交響曲の強奏箇所でも楽々と描写してみせた。
これまで使ってきたトランジスター式プリメインアンプやパワーアンプに比べ、コンパクトで重量においては1/10にも満たない本機が、このように見事な再生能力を示したのには驚くしかなかった。
本機はスペック上だけでなく聴感上の S/N も非常に良く、サウンドイメージの見通しが良好。
中・高音域の評価からして、ジャズのこってりとした音を求める人には向かないだろう。
幸い、私はクラシック、ヴォーカル、シンセサイザーなどを中心に聴くので、本機は打って付けだ。
------ Jun from Japan